会計事務所の活用方法
会計事務所の活用方法に戻る
「経営コンサルタント」として活用できます。
(6)経営の診断や改善の助言をうけること
1.「会計数値」は重要な「経営情報」
経営に関する問題点の指摘や、改善についての助言は、会計事務所が行うのが最も手近で適しています。
2.「経営に関する能力」が無いとできません。
税務や会計の知識や技術を持っていても「経営」に関する知識やコンサルティングの技術を有していないとできません。
3.「経営に関する助言を避ける」事務所もあります。
会計事務所は、税務・会計が本業であり、「経営」に関する業務を意識的に避けようとする人も少なくありません。
4.会計事務所の「所員全員」を雇ったのと同じです。
「経営に関するコンサルティング能力」を有し、かっ、積極的に業務に取り組んでいる事務所を活用した場合には、所長以下、全所員の能力を活用することができます。
頭脳集団として、当事務所の行動力を御利用下さい。
5.マネージメントゲームをお勧めします。
戦略を練る上で必ずや参考になると思います。私共は、全員が皆様に御説明できます。
<要点>
1.長期的な観点から、関与先の防衛を考慮していること。
2.長期的な戦略的節税対策を助言.実行しうること。
3.具体的な財産運用についての知識を有すること。

初回のご相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。03-3363-0118