会計事務所の活用方法
会計事務所の活用方法に戻る
将来の為にも「財産」の蓄積と保全は大切なことです。
(5)財産の運営と保全のプロとして活用すること
1.「プロ会計人」は、財産の調達と運用を取扱います。
したがって、財産の運用方法についても研究していなければなりません。
2.「インフレ」と「財産保全」
貨幣価値が変動するときの財産運用は、方法の如何によって、数年後には大きな差となっています。
3.長期的な「節税対策」も重要なことです。
長期的な節税対策の有無によって、手許に残る財産に大きな差異が生じます。
4.生命保険、傷害保険に対する知識も必要です。
税軽減対策を加味した、適切な「リスク.マネジメント」は、変化の激しい現在の社会においては、財産保全のための重要な手段の一つであると考えます。
5.相続税についても、十分な理解を持つべきです。
<要点>
1.長期的な観点から、関与先の防衛を考慮していること。
2.長期的な戦略的節税対策を助言・実行しうること。
3.具体的な財産運用についての知識を有すること。

初回のご相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。03-3363-0118