会計事務所の活用方法
会計事務所の活用方法に戻る
「お金に余裕を持つこと」は万人の願いです。
(4)資金繰りに関する助言を受けること
1.「経営はマラソンである、資金繰りはボクシングである。」
ボクシング(資金繰り)は、一度ダウンすれば一巻の終わりです。
経営にとって支払資金に余裕を持つことは非常に大切なことです。
2.「流動性」(支払余裕度)の診断と助言は会計事務所の最も得意とする分野です。
3.銀行の信用力向上にも貢献します。
会計事務所の提供する資料の信頼性の有無によって、信用力に差が生じます。
4.「設備投資」の段階で相談して下さい。
土地・建物・機械等一時に多額の支出をする場合は、支払資金の調達方法によってそれ以降の資金繰りに大きな差異が生じます。
設備投資の計画段階で、「経済計算」と「資金調達法」の検討をすることが必要です。
事前に御相談下さい。
<要点>
1.「資金余裕度」のチェックを定期的に受けること。
2.「設備投資」の可否や、「資金調達方法」の助言を受けること。
3.借入に必要な資料の作成を依頼すること。

初回のご相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。03-3363-0118