会計事務所の活用方法
会計事務所の活用方法に戻る
蓄財は「多く儲けて税金をなるべく少なく負担すること」が最前です。
(1)節税のプロとして活用すること
1.「節税」とは合法的に税金の負担を軽減する方法をいいます。
2.「脱税」とは税金をごまかすことをいいます。税務調査によって、半分が見つかれば、ごまかした利益はほとんどゼロとなります。追徴される税金には、「加算税」や「延滞金」を支払わねばならないからです。
3.毎日の記帳が節税の基礎節税は、決算の時だけに一時に行うことはできません。毎日の記帳の中に「きめの細かい節税策を」実行することが基本です。
4.膨大な「税法」「所得税法」・「法人税法」をはじめ膨大な税法によって税金が課せられます。すべての税法を十分に理解し、縦横に活用することが「プロ」の行う節税の基礎です。
<要点>
1.税金最小限度にする方法は「節税」です。
2.「節税戦略」を実行する会計事務所を選択すること。
3.きめの細かい「節税方法」の助言を受けること。

初回のご相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。03-3363-0118